森のモーリー

先日オープン戦を見に行った際、出会いました。
広島の森をイメージした「モーリー」。

説明を聞いて見ますと、広島の森を守るために、
県民税から500円を、山のお手入れ、保護などに使っているとか。

以前知り合った人で、大学で森の研究をしている女性と
とある場所で知り合いまして、いろいろ聞いたことを思い出しました。

山間部は人が離れ、自然の植物はじめ、動物たちが生え放題、
繁殖し放題で、荒れ始めているとか。

鹿なども、結構増えているようで、どうしたら人と共存できるかを
その方は研究していらっしゃいました。

動物、植物など、何かが増えすぎると何かが減るという。
1種の何かがいなくなるということは、
何かバランスを崩す原因となりかねない。
自然って絶妙だな〜とちょっとすごいな〜やっぱと思った思い出が。

田舎の事だから都会は無関係というのは、まったく大間違い。。
どこかでリンクしていますから、
山を管理する人々がいなくなった今、こういう形で管理するのは、
私はいいな〜と思いました。

特にアロマを始めて、植物にとても興味を持つようになって。
極端にナチュラリストです!というわけでもないんですが、
よく考えたら、植物は偉大で。

服も、家具も、紙、食べ物。。。などなど、植物なしに、この地球なし。

そんなお話をアロマやフラワーエッセンスの先生から聞いて、
やっぱし感動して、それ以降、ちょっと木や山を見る目が変わって、
お散歩なんかも、より楽しくなりました。

 

モーリーはなかなか愛想のいい奴でした。
手を振ったら、下の方で、手を振っていました。。。

ま〜しかし、カープのハチマキが眩しい事www
モーリーもすごいけど、ハチマキがすごいですねw

というわけで、県の方にブログアップの許可を求めたら。。。ぜひ!
という風に言われたので。。。というわけでもない、共感したから
今日は、森のお話とモーリーの紹介でした。