インディアンのお話を聞いてきました。

ブルーイーグルさんというネイティブインディアンのお話を聞いてきました。

このサイトの一番最初のブログがこのブルーイーグルさんの作ったパフュームについてでした。
私の人生変えちゃったと言ってもいいくらいの香りです。
以前とリニューアルして、チイヤームという名前に変わっています。

憧れの作者のお話を聞くことができ、いや〜嬉しかったです。
ブルーイーグルさんはカナダの人です。

インディアンといえば、カナダから南アメリカ大陸の下の方まで、
いろんな部族がいた、まだちょこちょこいる?

昔の人は意識でつながっていたとか。
ある時、各地で同じ夢をみて、ただならぬ事が起きると感じ、
各部族の代表が大陸中からメキシコあたりに集まって会議を行いました。
昔は(おそらくかなり昔の話です)インディアンたちが
何か決め事をするぞという時はメキシコのあたりに集まったそうですよ。
その夢の内容は、色白い人が大陸にやってきて、
何か刈り取っていくというムードの夢だったとか。
何が起こるのだろう?と胸騒ぎするような恐ろしい夢だったので、
インディアンが大集合して話し合ったんだって。
会議が行われた期間、なんと2年。
会議の結論。

“イーグルが月に飛ぶまで、この話は伏せておこう。
そして、その白い人たちが自分たちのような服を来始めた時、私たちの話を広げよう”

古事記にしても、神話にしても、この手の話は謎だらけです。
が、ブルーイーグルさん曰く、イーグルが月を飛ぶはアメリカの軍のマークが月に行った、
そしてこの頃1970年代はヒッピーブームで、インディアンファッションがブームになった。
今だ!と感じたインディアンたちは、少しずつ過去の話をし始め、
それを受け継いで、ブルーイーグルさん、各地でお話をしているそうです。

「昔は調和がとれた星だったんです。そして人はもっとたくさんの能力があったんです。」

そんな話が聞けた公演でした。
聞いてるだけで、口がポカーンと開く内容。

公演前に、インディアンの儀式から始まって、一緒に歌ったり、
お祈りしたりがありました。

このパフュームができた経緯。
ブルーイーグルさんは、ヒーリングも行うようで、
病院などにいって儀式をするそうです。
日本でいうと宮司さんがお祓いのような感じでしょうかね?
重度の病人の方のヒーリングをするときに、
ハーブに火をつけて、清めをするらしいのですが、
病院だから使えないので、代用としてこのパフュームを作ったとか。

途中、ホーミーでの歌とか、インディアンフルートの演奏などが入って、
音楽も大変興味深かった。

日本にもたぶん、古代同じような民族がいただろうと思います。
自分のルーツに少し触れた気がして、古代ムードで楽しかったです♪