1992-1993

露出が著しい、またはダボダボの時代。
女の子の露出は当然に、
男の子もオーバーオールに裸、またはトランクスが見えるほど
ズボンを下げてジーンズをはく。

爺さん婆さんがそれを見て仰天。
世も末だと←これはいつの時代も言われちゃうんですね、若者というのは。
まるで儀式です。

大人を無視して踊りまくる若人。
フォークシンガーと代わり街中にストリートダンサーが登場。
いわゆるのちにB系と言われる人たちです。

そうそう、この頃なぜか膝にサポーターするのが流行った。
私はバレーボールやってたんで、なんでサポーターしてるだろう。。。
と思いながら、MTVで踊り狂う黒人の皆さんを見ていましたが、
見てるうちにこっちも踊りたくなるわけで、、、体が揺れるわけです。

この頃、マイケルジャクソンの顔はより白くなってましたが、
私は色の変化に気付かず夢中になっとりました。
マイケルがゴールドのロンパースのような衣装を
きてBLACK OR WHITEを歌ってる姿が、どう受け止めるべきか困惑しつつ、
でもサウンドが体を突き抜け、やっぱりテレビの前で体を揺らすのです。
VHSのテープを買って、よく見てた。釘付けな私を母は心配するわけです。

思春期と重なって、私もなんだかビッグバン。
よかったか?悪かったか?音楽に夢中になった時期。

最近、この時代のファッションをよく見かけるんで、
記事書いて見ました。そういう巡りなんだな。
せっかく巡ってきましたので、りゅうちぇるのインスタ見てたら、
TLCのTシャツを着ていたので、つい、同じのを楽天で購入しました。
自宅に届いたら、それを着て、ネットで公開する。。。ことはしませんっ
ので、ご安心ください笑。