安曇野

長野県に初めていって、それ以来大好きになりました。
それまでは南国の島が大好きだったけど、
自分でもなんで長野がいいと思うようになったか。
真田丸を見たからか?
いとこに勧められたからか?
主人もいいところだって。
何気に行って見たら、すごく気持ちがよくて、
懐かしい気持ちになったのは、
おばあちゃんが住んでいた芸北に似ていたからか。

特に安曇野の地は眺めが最高なのはよく知られてるけど、
いきなり、長野が好きになる事が、非常に自分的に意外だった。
沖縄と並んで私のパワースポットになった。

そうやって行き来しているうちに入って来る情報を元に調べると、
後から知る、志賀島のこと。
安曇族と言う人たちが住んでいて、
その人たちが長野の安曇野へ移り住んだと言う話を
2、3ヶ月前に知った。

最近、そんなことばかり考えているという話を周りにしてると、
意外と周りの人たちも興味持ってる人が多いことに気づき、
あの辺の話になると、朝の6時くらいまで語ることもあったし、
志賀島の近くに住む知人からの、
すごく長いメールがやって来ることも多い。
こちらが電話を切ろうとしても切らせない人も多い。

とにかく、この辺の話をしていると取り留めがなく、
長い。みんな意外と大好きで、こっちも驚く。
私だけではなかったのね。

ついつい気になって調べると、マニアを通り越したすごい
人たちがたくさんいるのだけど、その人たちの話も
あまりにも長くて、活字が苦手な私にとって読むのが大変ですが、
また、すごいコアでよくそんな事見つけたね!と思うこともしばしば。

という事で、その流れで、
改て知人より11月15日朝9時に志賀海神社で山誉祭があると
知らせがきたので、行ってみようと思いますが、
長野の安曇野のりんごとわさびを出すらしい。。。。
叔母も広島からくるが、わざわざ仕事を休んで前の日から来る。
叔母もこの話にテンションが高くなる人の一人。

私も、ウキウキして仕方がない。
あのプレーンなお祭りを生で見れると思うと、
テンションがあがる。
こんな風になんにも情報がなかったら、きっと
あのお祭りを見てもピンと来てない、または気づかないだろうと
思いますが。。。

長野の穂高神社のHPにも志賀島の話が普通に乗っているし、
FDAのサイトにも福岡と長野のお話が乗ってる。

私は全然、知らなかった!

長野に伝わる八面大王のお話なんかは、調べると、
福岡の八女と関係してるとか。
そんな話きいたら、八女にも行きたくなって来た。
有明という名前の山も長野にはあるらしい。知らなかった。
きっと有明海の方向を示す山なのか。
海洋系の民族だったら、星なんかをみて、方向を知ってただろうし。

昔の長野に渡った安曇の人は九州が懐かしかったかな?

何気に諏訪で乗ったタクシーのおじちゃんの話でも、
「長野って海産物(干物)の扱い日本一なんだよ」と。
特に海藻系(ノリとか)の食べ物の仕入れが多いと聞いた。

そういう昔の名残なのかな〜
博多で食べられている「おきゅうと」は長野にも「えご」という名で同じ食べ物があるらしい。

内陸の地で、塩尻とか海を感じる地名もたくさんある。
日本海からの流れってのは理解できるけど、
福岡と関連してるとはびっくり。

と、興奮気味で話していたら、主人が今度、元気になったら安曇野に行くと言い出した。

私はFADに感謝されてもいいな〜と思った。。。

最後に、先日歴史好きの父が福岡に訪れた時に、
新宮町がきになると仕切りに言うので、父が帰った後調べたら、
新宮町は昔は「安曇野」という地名だった。

さて、この安曇のことはいつまで私は調べるのだろうか。
心落ち着くまでやり続けるに違いないのだけど
もう少し熱は冷めないようです。

なんで?と言われてもどうしてもやりたいことってあるわけです。
今後も気になったら動くことにします。