観光とは

白保からみた飛行機
白保からみた飛行機

先日、どこで誰の話か忘れたけど「観光」についての話を聞いた。
「”光を観る”と書いて、観光です。」

だから観光というのは本来はあまり計画を持たず、
直感を頼りに、気になる場所へ行って
何か発見したり感動したりすることらしい。
それになれると、とても楽しいという話だった。

確かに、計画的に行く旅行は予測通りで終わるけど、
無計画に行くとなんだかハプニングがある一方、発見があったりする。
時間に追われているとこれが(ハプニング)面倒であると、
計画的に旅をしたくなるけどね。

無計画に旅をすると、自分の今がなんだか見えてきたりすることもある。
同じ場所へ行き続けると(私の場合は沖縄とか長野)、
なんだか続けているとだんだん行く場所がシフトしていることに
気づいたりもする。
相変わらず、やっぱし行っておかないと落ち着かないと、
行き続ける場所もあったりする。
私は単純だから「場・土地」に縁を感じる。

仰る通り。
自分の心と相談しながら、フラフラ出歩く旅は最高だ。
ワクワクして旅すると、それ相応の景色が目の前に訪れ、大感動したり、
時に一人が寂しいと、やっぱりそれ相応にどこに行ったらいいか迷ったり。
面白い。

自分の心が土地を惹きつけている気もする。

こんな旅になると、人に自慢できる様なものの発見は少なく、
自然現象的なものを見たり感じたりということになるから、
自分だけの「旅」「感動」だから、「あそこに行ったらすごいものが観れる!」
などという話は人にはできないけど、

それでいいと思いますね〜