広島市はよくみたら”島”だった。

先日、同窓会に誘われたので、広島に行ってきた。
2泊3日で広島に滞在することにして、相変わらずブラブラと街も探索した。


博多から新幹線にのって、ちょうど小倉に着いたころ、
雪が降り始めた。

冬らしくなったな〜やっと。

あまり何も考えずホテル予約したにも関わらず、
ま〜なんと奇遇に白神社(かみしろしゃ)の隣。

母か叔母か忘れたけど、ここに海岸線の名残がある
と以前聞いたのを思い出して、早速行ってみた。
(ブラタモリで広島についての内容の時にみたそう)
行ってみたといったって、広島の人間だったら、1度はこの神社に
足を運んでいるだろう神社なのです。
小さな神社だけど「とうかさん」というお祭りで参拝する神社として有名です。

地元にいると当たり前すぎて、まったくほんと何も知ってないし、
知ろうともしないし、自分が広島のことを本当知らない事に驚く。
こうやって広島のことを知る機会はやっぱ福岡が与えてくれたと思う。
長く離れていると、距離感が生まれ、その距離をまた縮めようと
するように、広島のことが知りたくなった。
というか、なんかよく広島が見えてくるようになった。

神社に行くと、宮司さん並び氏子の皆さんが初詣の準備をしていた。
境内でお参りしたら、宮司さんが急いで脚立からおりてきてくれて、
あの例の白い紙のシャワシャワしたやつで(弊・ぬき?)
お祓いしてくださった。

ブログをやっているけど、写真を撮るのをうっかり忘れることが多い私。
神社の写真、撮りませんでした(汗)

そして、例の海岸線の名残を発見。岩礁。
海の中だったという証拠だってさ。妄想が止まらない。
私が立っているところは海の中だった。

その岩礁に船がぶつからないように、あの例の白い紙のしゃわしゃわを
岩礁に立てたから、白神(白紙)社と名がついたんだって。

平和公園にも近い場所ですから、広島に行かれましたら、
どうぞご参拝ください。NHK広島のすぐ前にあります。

神社をでて、南側を眺め、海があったとしばし妄想。
江波という町があるけど、そこは江波島があったみたいです。
島々が浮かぶ美しい「水の都」だったんだな〜と眺めた。

せっかくなので、久々に平和公園に手を合わせにいく。

どうでもいいけど、最近のIPHONEは本当綺麗に撮れますね。

外国人もたくさん慰霊碑に来ていた。
どうも、平和公園の資料館は工事、改装をしているようだった。
新しくリニューアルするんだろうと思うけど。

少し自慢をすると、初期の平和公園の資料館の修繕工事に
私の爺さんが関わっている。
夜間の仕事だったそうだけど、夜、たくさんの写真や資料の中での工事は、
生きたここちがしなかったとよく笑い話になってた。
爺さんも被爆者。だけど、生き残った一人。
小さい頃は広島に原爆が落ちたことなど知らなかった。
おじいさんは、私と妹をこの平和公園に連れってくれた。
ハトの餌を買ってくれて、この平和公園で遊んだことが懐かしい。
その時はただ綺麗な公園としか思っていなかったし、
その頃この平和公園に、暴走族が集合していて
違う意味で怖いと思ったこともあるけど(笑)。
あんな爆弾が落ちたということなど、まったく知らなかった。

昔は地元の人に愛される平和公園だったけど、
今は世界中の人が集まる神聖なイメージになったな〜と思った。

ま〜しかし、この日は雪が降りつつも、よく晴れて気持ちの良い天気だった。
100m道路から来て、本通りの方向へ抜けて散歩をしてみたが、
川は美しく空が青くて、いや〜綺麗な街だな〜と感じた。

そんな風に思える街になってることもしみじみ感動した。

同窓会が始まり、懐かしい面々と楽しい時間を過ごした。
その中になんと実家の近所の神社の邇保姫神社に就職したという同級生がいた。
邇保姫神社の神様は爾保都比売神 [にほつひめのかみ]。
それと、福岡の神社で再々登場する神功皇后と仲哀天皇も関係する。

八幡系の神社。宇佐氏と関係あるのかな?
中国地方だから、あるかもしれないね。
この爾保都比売神がなかなか謎。
別名、稚日女命(わかひるめのみこと)ともいうけど、
こちらの名前でピンとくる人はいるかも?
というわけで、神職になった同級生に話を聞いたけど、ま〜さすが。
詳しい詳しい。

祝詞や儀式のことの疑問も聞いたりして。
同窓会に来てよかったととても思った。

が、やっぱりニホツヒメノカミはまだなんか謎。そのうちなんかビビっとくるかな?

福岡に戻り、やっぱちょっときになるとおもって、
ブラタモリ広島・三角州 編をみた。

こちらが広島市内の地図だけど

よくみたら、ほんと!全部島だった。
川に挟まれた、洲というのが正しいかもしれないけど。

地元仁保島は右下の島だけど、随分離れてる。
この江戸の地図でいうと今の広島駅なんかは海の上ってことだね。

そんな話を主人にしたら、佐賀の白石町も干拓地だそうで。
あ〜なんかそう言われたらそうかも!と思った。
なんか、すごい大工事で、ホント驚くね。

今年も終わろうかという時にこんなに驚きを感じれて、
幸せでした。

では、来年もよろしくお願いいたします。