結局

私はこう見えても、食事を作ります。

料理してるとき、最近結構思うことがあって。。

私は包丁デビューは5歳。リンゴを切った。
その時リンゴと一緒に人差指も切り、大変痛い目にあいましたが、
それでもトラウマにならず、料理はした。

意外と自分が意識してない奥の方で、料理が好きなのかもしれない。
凝った料理はできませんが、苦になっておりません。

 

で、最近料理してると。。。
昔のフライパンとか、包丁とか、道具が。。。
使いやすかったな〜・・・

と思うことがある。

先日、用事があり、天神新天町を通った際、
金具屋があるんで、思わず入店して、
手に取った竹の。。洗うやつ。。写真の通り。

名称がわかりませんけど。。。
フライパンや鍋を洗う時に使う。。竹の。。。

レジで支払っている時、
“いろいろ試した結果。。結局これがいいんではないかと思い始めたんですよね〜”
とボロッと言うと、ニコ〜っと笑顔になって、お店の人と話が咲いた。

帰って使ったら、落ちる落ちる。
しかも、使い心地最高。あー懐かしい。

結局、フライパンだって、鉄がいいんじゃないかって。
料理に没頭すると、そこに行き着きそうです。

そう行った調理器具を作っている職人さんも
だんだんと減り、お値段も高価になっているようですが。。。

それと反比例して、私の中で
原点回帰が起きているみたい。
そう言う人、結構いる気もする。

帰って主人に見せると、
“竹はね、消臭効果もある”

時々出てくる博学さ。
どうしてそんなこと知ってるのかw

この間魚を焼いた後、この竹を使って洗ってみたら。。。
ほんと、匂いがとれた。。。

ん〜。。。なんかいろいろ使ったけど、結局。。これが一番いいって物が、
いっぱいある気がしてならない今日この頃です。