母との東京の旅

2019年8月、母と東京に行きました。
ちょっと用事がありまして。
母の案内役で、一緒に行きました。

羽田に到着するなり、ハプニング。
私が飛行機の中にスマホを忘れてしまい、タイムロス。

やや母がふてぶてしくなり、ご機嫌斜め気味。
電車で急ぐ前に羽田でコーヒー飲んで休憩しようとカフェに入店。

カフェで売っていた一口大のタルトを買ってきて。。。
はい、と母に渡すと、これが激ウマ^^。

もう一個たべようか?と言うほど美味かった^^

店のカウンターで、タルトお代わりください(笑)
と注文すると、店の人も微笑んでいた。

二人ともご機嫌回復♪

1日目は何も予定がなかったけど、昼の15時だったので、
浅草へ行ってみることに。

母は東京、30年ぶり。
浅草に関しては、高校?の修学旅行以来?

こんなだったかいね〜〜人が増えた気がするね〜(広島弁)
とか、思い出話なんかしながら、浅草寺に向かいます。

浅草寺の本堂に入ると、本堂の中左側にお守りを売っている場所がある。
なんとなく吸い寄せられるように、母と近づいていろいろ見ていたら、
なんか龍が多いね。

龍…
お守り売ってる男性に、
「ここはなんか龍神様が関係あるんですか?!」
と聞いたら、

「昔、この辺で龍が水を飲みに来たことから、浅草寺が建てられました」

落ち着いた口調で静かに回答いただきました。

龍!

んーー
浅草寺、龍が大基本だったの?!
全然今まで知らなかった笑

そうかそうか。。と大きく納得しつつ。

歴史の話を聞くと、今見えない景色が見えてくるような気がするの。
龍が水を飲むほど、きっと綺麗な水辺があったんだな〜。。

浅草寺の周りにはいっぱい神社やら銅像なんかあるから、
いろいろ銅像の下にある説明とか読んだりしてみた。

今回初めて、このお寺の歴史を垣間見たな〜。

二人でキョロキョロ見てたら、いきなり、”こんにちは”もなく
おじさんに話しかけられた。

「俺、この辺の神様のことなんでもしってるからさ。」

唐突(笑)
ちょっとこのおじさん、面白い人かもしれない(笑)話を聞いた。
昭和の浅草の話。母も昔来たと言う会話を交わしつつ。

「また話きかせて!またね!」と言って、別れた。

計画性のない旅はこう言うハプニングが起こりやすい。
おじさんの話のおかげで、いい感じにリラックスして馴染んできた。

 

浅草の人たちはみんないい人だった。
お店の人も親切で、母は喜んで、たくさんお土産を買っていたけど(笑)

次の日、神宮球場へ。
いや〜テレビでしかみたことなかったけど、
なんとすごくいい球場!

大正?!と、このプレートを見つめた。
写真とってませんけど、つば九郎のポスターなどもあったよ。

球場の中も入ってみたけど、なーんか、なーーーーんかいい球場だった笑
ちょっと言葉じゃ言い表せないけど。
母も同じこと言っていた。

ホテルからタクシーで移動して神宮球場まで行きましたが、
運転手のおじさんが、
「あれがオリンピックの会場ですよ」

ほー

 

神宮球場の隣に会場が。
Googleマップで確認してたけど、全然気づかなかった笑

工事中!

 

で、例の聖火台はまだなかったが、糸魚川のおじさんが言うことが正しければ、
ここに火炎土器のデザインの聖火台が。。。できるはずだけど(笑)
火炎土器じゃなかったら。。。
糸魚川まで行って、おじさん違うじゃん!とも、言えないし。(遠すぎる)
楽しみです!

地図上で見たときに、神宮球場の近くに明治神宮があって。。。
えらい広いな、と。
みてたら、どーーーーしても行きたいと思い、
私一人で朝行こうかなと。。。コソコソしてたら、
結局、私も(母も)行くと言うことで、明治神宮に初めて行ってみた。

なんとまーー
自然豊かな場所なんでしょ〜
東京の真ん中にこんな森があるなんて!

古い時代にタイムスリップした感覚になりました。
テクテク歩いていると、「加藤清正の井」と言う看板発見。
加藤清正????

不思議だったけど、とりあえず、行ってみることにしたが、
結構明治神宮の森は広いですね!
しかも、この日暑くて、二人とも汗びっしょりで井戸にたどり着きました。

美しい!

でも、加藤清正って。。。江戸にいたの?

ん〜。。。この辺の情報ご存知の方ご一報ください。Contact

夜になって、夕飯時。
幸い、ホテル周辺が食べ物屋さんが多く、助かった。
私の旅って、あんまり食べる場所に関してはこだわりなくて、
母を案内するのに、美味しいところを見つけることができるかどうかが、
一番心配していたけど。。。

テクテク歩いてると。。

いいか悪いかわかんないけど、
ここ入ってみよ!と、入店。

美味しかった(o’∀’)b
蕎麦にこだわりある人が食べたらどうかわかんないけど、
十分、美味しいお蕎麦だと思った。
二人で天ざるを注文。
お店の中はすごく狭いけど、落ち着いたムードで、
母も”蕎麦美味しい”と食べていた。

実は、いろいろ用事もあって、結局東京に1週間滞在した。
用事もあったから母といろんなところへ行ったけど、
こんなに東京ぐるぐるしたの始めたかもと思うほど、
地下鉄にもよく乗った。

30年来たことがなかった母は取り返すかのように
移動移動移動笑

日本橋、丸の内、新宿、赤坂、などなど。。。
乗り換えやらで、いろんな場所へ行ったけど、
その中でも府中に行く用事があったけど、
府中は。。。なんと縄文ムード漂う町だこと(笑)

ここに2日間連続で行くことになったけど、
母となんか、過ごしやすいね〜と話した。

途中、布団屋の茨城のおじさんとも合流。
ちょっとしたことからいろいろな事まで、3人で喋り倒したが、
すごい長時間、あちこち移動しつつ、
喋った中で一番私がテンションがあがった内容は、、、

「そういえば鹿島アントラーズのキャラってあれ、なんのツノなんですか?なんで鹿なんですか?」

「あれは、鹿島神宮の鹿、ちなみに、鹿島の鹿が奈良に行ったんだよ」

えーーーーー鹿。。。。シカ。。。茨城から奈良へ鹿が行ったイメージをしつつ。。。

dsc_6202_2

奈良の鹿

すかさず私は
「広島の宮島の鹿は、その奈良の鹿なんですよ!」

あ、そう!?

・・・奈良から広島にまた鹿が移動するイメージが頭に浮かび。。。

DSC_0648

宮島の鹿

ま、それだけなんですけど笑
鹿で繋がっとるなって、お話でした。
ちょっと鹿島神宮が気なる今日この頃です。

Dreamをアレンジしてくれた高田くんも
鹿島神宮はいいと言っていた。

でも、神社ってのは、ご縁だと思ってるから、
そのうち、いけたらいいな!

ラストの日、
まだ時間があった。

帰る方向には東京タワーがあるんで、そこに行ってみることにした。
浅草に行ったときにスカイツリーに行った時、
登る?と尋ねたら、母は遠慮したけど、

東京タワーは登る?と言うと、登ると(笑)
やっぱ世代的に、しっくりくるのかな。

 

母は意外と、一番てっぺんが平気そうだったが、
私は若干高所恐怖症のため、てっぺんは体が固まった。

エレベータで最上階行くのが、最悪でした。

上に登ると、ゆら〜ゆら〜
警備員のお兄さんに、これ、揺れてますよね?!って聞いたら、
風強い時はもっとすごいって言ってた。

あーーーー怖かった笑
そんな話を聞いて。。。


この写真よくみますが、何回見てもやっぱり信じられん笑


第1回じゃ!と母が叫ぶ。

このプレートは、東京タワーの建物入り口の通路の壁にありますが、
私はスルーして通ったけど、母が異常に反応した(笑)

ほー・・・

東京タワーが第1回なんだ。。と思った。

入り口にソフトクリーム屋さんがあったんで、
一緒に食べた。

そんなわけで、いまだに楽しかったと母は言うから、
良かった。

母はテレビに映る東京の景色がもっと楽しくなったと言っている。
よかったよかった〜^^

いい思い出になりました!

最近東京に行くと、やっぱり神社とか歴史に目が行ってしまう。
そう言う目線も面白い!また行こ。