25年ぶりに友人から電話がありました。

ニュージーランドで出会ったの友人から25年ぶりに電話がありました。

最近、たまたま実家の母から連絡があり、
私の昔の手紙やらいろいろあるから送るよ!と言われまして。

届いたものの中を見たら、友人の封筒に住所が。
手紙をだしてみよう。。。と思いつきました。
もう家、ないんじゃないかな〜と思ったけど、ま〜いい。

なんか、こういう感じものすごい懐かしいな〜と思いつつ、
お手紙を。。。

そしてポストへIN!

そしたら、3日後すぐ!電話が!

時代ですね、時代。

昔は直ぐ返事ないのが当たり前だったから、
今見たいにどうだったかな?ってイライラすることはなかったな。。。なんて笑。

でも、すぐ!返事がきて、めちゃくちゃ嬉しかった。

彼女はニュージーランドに住んでいた!

だーーーーーマジで!?

部屋1つあるよ!

いくーーーーーーーー笑

私は調子が良すぎることがある。。。
でも、ほんとに行きたい。

今実はなぜか、世界中に友達が増えつつある。
あっちに来いこっちに来い。

全部、遊びにおいで!だけど。。。。

金がいくらあっても足りんな!
そうそう、NZは私がいた時よりも3倍くらい物価が上昇したそうで、
東京より家賃が高いそうです。
コーヒーなんか、3ドル(当時NZドル60円)だった気がしたけど、今はコーヒーとマフィンで1000円くらいするとか。
なーーーー!

彼女の電話口からニュージーランドのエネルギーを感じた。

はー懐かしい。

ゆっくり。リラックス。
このエネルギーをくれただけでも、満足だったな〜

ほんと嬉しかった!

そして、手紙をいろいろ見ていたら。。。

亡くなったおばあちゃんの手紙が出てきた。
まるで、タイムカプセル。

手紙の中ではおばあちゃんが生きていました。
今この年になってその内容を読むと。。。
なんと明るい人だろう。

NZへの留学もこのおばあちゃんからの提案でした。
手紙に「帰國」と書いてあるあたりが、なんか時代やなと笑
しかし。。。中学卒業した娘、孫を。。。よく海外に出したよ笑

文面には当時の家族の様子が。
いろんな情景が浮かび上がって、、、
あ〜手紙の中でまるで生きてるかのようでした。

そして友人から電話がありましたが、
いや〜ほんとあちらでは大人の人たちに可愛がられ、
保護されてたから楽しかったんだな〜って。
ありがたかったな〜とそんな話もしました。
日本人の友人たちも覚えてるけど、、、世界中のあの時の友達も覚えてる。
ほんとに、いい滞在でした。
今思うと。

手紙って、こうやって考えるといいもんだね。

そう感じるのは、メールのおかげなんだ、きっと。
ネット時代にならなかったら、手紙が普通だったから、
そんな風に思わなかったかもしれない。

時代の変化は悪くないなとも思う。いろいろ教えてくれるから。