仲哀天皇古墳に行きました✨


不安になり福岡市のホームページを見たら、

“人混みを避けてならば、公園などに行き適度な運動を行ってください”

的なことが書いてあったんで、
神社に行きました✨

行き先は、福岡県飯塚市の大分八幡宮。

想像していたより、結構立派な神社でした!


こちら、神功皇后が三韓征伐が終わって、
集めた兵隊をこの地で解散(分けた)ことから
「大分」と地名がついたそうです。
wikiで調べたら、”だいぶ”と呼ぶみたいだけどね。

宇美邑(村)で神功皇后は応神天皇をお産みになり、
現在の宇美町から、ショウケ越えをして、この地にたどり着いた。
応神天皇を竹で編んだカゴ(笊笥ソウケ)に入れて運んだから、
ソウケがなまって、ショウケ越えとついたんだって。


で、ネットで調べたらこの地に仲哀天皇の古墳があると知った。

社務所で聞いてみたら、

「あれがそうです」と指さされた場所。

“全長80mの前方後円墳で、2度崖崩れがあって、だいぶん形が削れてるんですけど。。。
前はお社が古墳の上にありまして、それが昔、焼失しまして、下に移しました。”

“一応、考古学者の方に調査を依頼しておりまして、仲哀天皇の古墳だと言うことを調べています”

で、私はうっかり

“ということは、言い伝えとか、そんなので、仲哀天皇の古墳だって言われてるって感じなんっすか?”

とチャラく聞いてみた。
だって、仲哀天皇古墳って大阪にもあるんだもんね。
下関だって、なんかあるって聞いたし。

でも。。。

“いえ、言い伝えとかじゃなくて。。。仲哀天皇の古墳です”

と、強く言っていた。

学者がそうだと言わないと、そうならない。。
から、強く言えないけど、
社務所の人の目は、”YES”という表情だった。
私はそう受け取ったƪ(•̃͡ε•̃͡)∫ʃ

そうーーーーーなんだーーーーーーー

と、私は思った笑

(ここは以心伝心の場面なので、うまく説明できません)

ちなみに、神社は八幡宮なのに、三つ巴ではなく、
菊の御紋だったのが、

「これはなんか私の中では新しい!」と興奮。

菊の御紋だから。。。やっぱそうなんかな(仲哀天皇古墳)。。。と思った。

おや!????
三つ巴も、なんかちょっと模様が、違う。

三つ巴のような、そうでないような。

写真撮るの忘れたーーーー
また、行こうと思ってるから、その時そのことを社務所の人にきこ。

古墳のぼっていいですか?と尋ね、
上まで登ってみた。

上に小さいお社。
古墳て必ず、古墳の上に神社とかお社があるね。

ほんと、田舎だから、ひとけ がほぼなく。
山にも人が入ってない感じだったんで、ジブリ感出てた🧚‍♀️


古墳からの眺め。

イヤーーーーーー景色いいなぁーーーー✨

しかも、桜が満開だから余計いい感じ💖


戦を終わらせた土地だからね。
世界平和、いいですね✨

そして、帰りは、せっかくだから、
ショウケ越えの逆で帰ってみた。

初ショウケ越え。

いやーーーーーーー

こんなところ、歩いて山超えたん???
というほど急斜面を超蛇行して車を走らせた。

降りてくる最中に、Uターン並みのカーブを走ったが、
ふと目をやった時、山が見えたのだが、
ヒエーーーーーー💦と思うほど、山が壁のように高く、
しかも、急斜面(・_・;

旦那さんにきいたら、
昔はそんなちゃんと舗装してなくて、
なかなかすごい道やったと。

これは、古代のことを想像したら、
ものすごい危険な道を乳飲み子抱えてわざわざなんで????

と旦那にいったら。。。

 

 

“身を隠くすためよ。”

 

なんで、知っとるん😆
即答が、おもろすぎる😆

 

でも、納得したし、腑に落ちた(・∀・)

 

ショウケ越えしたら、宇美町に到着するんで、
宇美八幡にいって、そして帰った。

逆やけど。。。今度は、飯塚へ行く時はショウケ越えで行ってみようと思った。
大分八幡宮までは、ショウケ越えの方が早いと感じた。
カーブがきついから運転は気をつけて欲しいけど。

しかも冬は雪や凍結で封鎖も結構あるらしい。
納得、だって山が意外と高いもんね。

いやーーー楽しかった✨

またいこー