福島正則が晩年すごしたお屋敷跡にお参りに行ってきました。

コロ助ウイルスが流行る前に、
GO TOを利用して、
長野県の福島正則公が晩年すごしたお屋敷跡に行ってきました。

長野県上高井郡高山村大字高井堀之内

↑小布施。長野いったら小布施の栗羊羹のお土産が有名。小布施ってこんなところ✨

リンゴなんかの果物も産地みたい🍎🍏
紅葉もしてて、山がオレンジになってました。

 

到着❤️
だけど、どうも、敷地内で人が住んでる模様。。。
史跡って、人がいないイメージがあって。。。
この敷地をぐるぐる車でまわった。

どうもわからないから、近所で畑仕事してたお母さんに車から声をかけた。

「すみません!福島正則さんが住んでたところって、どこですかーーーーー?」

 

お母さん、パッと明るい顔になって
こっちよーーーーーーー!

と走って案内してくれた😆

 

 

駐車場は敷地内に、空き地があってそこに止めることができたよ✌️

しかも、お母さんが住職を呼んでくれた。

 

じゅーーーしょくーーーーーーー!

 

ちょっと大騒ぎになった😆

いやぁ、さらっとみて帰れたら嬉しいと思ってたけど、
せっかく盛り上がってるんで、
この調子に便乗して、楽しんでしまおう😆

 

 

畑仕事をしていた住職が。。。
遠くで、大きな声で

「九州!」

と聞こえた😆

 

だけど、史跡に。。。畑やら洗濯ものとか。。。
住職家族が住んでるんだ!

 

しかし。。。福島さんのお屋敷に、住職。。お寺???🙄

写真の真ん中、赤いチェックのネルシャツが住職w

オサレです!

 

「九州から来たの!?そりゃーーーー案内をしよう!」と
畑仕事やめて、説明をしてくださった。

声が大きくて、パワフルな住職w

「すみません、突然💦」と恐縮しつつ。。。

私は福島正則公は悲劇の人のようなイメージがちょっとあったのだけど、
住職の説明を受けたおかげもあって、なんだかイメージが変わった。

福島正則公は信仰心あつく、ひょっとしたら長野来た時、

「瞑想するのに、最高❤️」

なんて思ったかもと。。勝手に解釈😆

 

 

広島にいた時は50万石だったか?なかなか大きな土地を仕切っていたわけだけど、
長野に移って、4万石。。。

規模は確かに小さいんだけど。。。

 

全てなくなるより、全然ましやん😆

 

むしろ4万石ももらったって、
わりに徳川から気を使ってもらってる感じをうけた。

この周辺は田舎で素朴な場所だけど、
なんとなく風情がある街並みで
きれいなところでした。

 

正則公は加藤清正公と同様、
土木工事が大得意で有名ですが。。。

 

広島の今でも主要になる道、特に山陰と繋ぐ道(三次〜出雲の道など)は
福島正則公が開いて工事してる。
名古屋城などの石垣の工事なんかも福島正則公が関わってるよ✌️

 

長野でも、土木工事(川の氾濫を抑える工事だとか)
いろいろ活躍したようです。

 

で、なんでここにお寺があるか、住職が説明してくださった。

福島正則公が生きていた時代は、
この居住跡の土地から500m離れたところに、
この高井寺(こうせいじ:浄土真宗)はあった。

だから、ここにちゃんと正則公のお屋敷があったのだけど、
正則公が亡くなり、時代が流れた江戸時代、
正則公が居たと言うことを残そうと言うことになり、
500m離れたところにあった、高井寺を移設し、この場所に移ったそうです。

その証拠にお寺の本堂には、
移設した痕跡が柱などに残っている。

そんなことも、住職が細かく説明してくれた。

 

福島さんは信仰があつく、この辺のお寺に。。。
どうもかなり力入れてたみたい。

この居住跡に近い曹洞宗のお寺、
葛飾北斎の鳳凰の絵がある、岩松院にも福島正則公ゆかりみたい。

正則公のお葬式をどうも、岩松院で行ったとか。
当時は臨済宗だった岩松院。

高井寺でなんでしなかったかは・・・
いろいろ聞いたけど。。。。なんか面白い話だった😆

ここで話してもいいけど、細かい話だったから、
ちょっとここは省きますw

 

「せっかくだからお経をあげましょ!」

住職はかなりエネルギー強い人で、めっちゃ元気😆
言われるがままw、お経をあげてもらった✌️

そして、本堂に、福島正則公の遺品があるというので、
見せてもらった✨

 

福島正則公が持っていた自画像。

本堂の中は、写真とるの、忘れてた💦
住職の話聞くのが必死やったから😆

 

福島正則公の持っている太刀の持つところ。。。握るところねw
(名称がわからない汗)

「そこをよくみて!」

と言うんでじっとみたら、

なんと、立体的にリアルに描いてあった。
太刀の手触りというのか。。。すごく細かい。

一見、真っ黒の正則公の着物も、
光の具合で、模様がきっちり入っている。

遺品にも感動だけど、
絵を描いた人にも感動した❤️

福島正則公は自画像からみても体がかなり大きな人だったみたいで
186センチあったって❣️

大きいね😆

 

で、福島正則公のお墓について聞いた。

京都の海福院にお骨があるそう。
海福院は福島正則公が作ったお寺だそうです。

 

最後、ノートに記帳しといて!
というので、書いたんだけど。。。

チラッといろんな人の記帳が見えて。。。全国から来てた✨
結構、福島正則ファン多いんだな〜(*≧∀≦*)

ちょっとしたことだけど、
この福島正則公のお屋敷跡の目の前に
お菓子屋さんがある。

そこのオヤキ・・・

いままで結構オヤキ食べたけど。。。
ここのオヤキ結構美味しいと、私は思った👍

 

 

最後、お別れ間際、住職が

 

「宿題!」と言って、お題をもらった。
内容は。。。内緒!

それを聞いた時、ズンと腹に来た。

 

回答できるようになったら、またこよう!

 

 

GO TOありがとう😆
住職ありがとうヾ(・∀・`o)