デジタルとアナログ

こんばんは〜

一度寝たのだけど、目が覚めてブログでも書くかと
1時42分ですが😆

今日はアナログについて気づいた事、知っている事、
考えていた事をお伝えします👍

 

 

どこから話そうかな〜w

 

 

私は10代の頃より、パーソナルコンピューター、つまりパソコンが好きでした。
当時、インターネットって言う言葉もなかった頃に、
ネットに繋げる環境が我が家にありました。

父がコンピューターがすきで、それを勝手に私は触っていたのがきっかけです。

OSを初めて見た時、胸がドキドキしました。

ブラウザを立ち上げると、ぴーーーーーーひゃーーーーーーと電話回線に繋がり、
当時はYahooもなく、Infoseekが立ち上がって、
ホームページを広げるのに、30分くらいかかってたかな。

インターネットを初めて繋いだ時に、
これはなんなんだろう。。。と思ったんだけど、
直感的に、これは将来ヤバいことになるなって、
本当にそう思った。

可能性を感じた。

コンピューターはネットだけではなく、
デザインや音楽に便利。

しかも、普通に家電などを利用するよりも、高性能。

自分がしたい事ができる、魔法の箱。

デジタルの世界。

みんな

ホームページやら、そんなん、普及せん!

と言っていた頃から、私はサイトを作って、
音楽の仕事や教室の宣伝に使っていた。

まぁ、ネットを見る人がいない頃に作っても、
確かに意味はない😆

だけどこれでどんどん、どんどん進化するんじゃないの!と
興奮したことを覚えている。

で、ネットは案の定、現在の通りになった。

 

そんなデジタルの世界は音楽でも、レコードからCDという形になり、
今ではそれが普通のものになったし、
音楽に限らず、いろんなところにデジタルは利用されているのは
みなさんご存知ですよね!

 

デジタルって簡単にいうと、

Oと1の世界。

二進法ねw

ストップ

2013年ごろ、ネットやパソコンがあれだけ好きだったんだけど、
なんか違和感を感じ始めた。

それはSNSの出現。

最初はこれは便利!と思ってたんだけど、
なーんか、違和感を覚えた。

違和感どころかストレスにもなった。

そこで知った事は量子の世界だった。

2020年代にはいるとAIという言葉が一般化して
認知されるようになってきた。

量子コンピューターというものも各国がこぞって開発。
日本は、理由あって、ちょっと遅れているものの、
注目は当然浴びている。

量子とは目に見えない世界のことでアナログ的な世界のこと
コンピューターはデジタルって事
この二つを掛け合わせるためには、「何か」が必要みたい。

何か=something…

 

 

ホーキンス博士が
AIに人が支配されかねないと警告。

シンギュラリティってやつ。

 

で、
いろいろ調べてみたところなんだけど、

 

なーんか。。。

ん〜

 

デジタルの限界を見た気がした。

 

私はAIによる支配はないと思った。
というか、支配したとたんに、人がおかしくなって
ダメになるやろうから、
支配前に死んでしまったり、いろいろ起こると思った。

なぜか。

デジタルは二進法の世界。

二進法を他の言い方すると、

上と下

白と黒

右か左

みたいな事なんだよね。

2で割る感じがデジタルなの。

これは、心理学でいう、
統合失調と同じ状態。

デジタルで人をコントロールすると

もれなく、鬱、精神の病が蔓延するなと思った。

 

 

デジタル脳になってしまえば、
競う心、上下にこだわる心、奪い合い
派閥などを作りたがる、人と比べる。。。などの脳(思考)に

陥りやすくなる。

また、不安が強くなり、不満も多くなる。
優越感も欲しくなる。
ピラミッドを作りたくなる。
そんなわけで、劣等感もつきやすくなる。

依存的にもなる。

デジタル大好きな私もそうだったし、
心理学や神社に行き始めて、だいぶん二進法な私が癒えてるが、
まだまだデジタル。

 

 

さて、このデジタルはいつ発明されたのか、
それは、結構昔だとおもう。
誰か調べてください😆

100年以上前からだと思う。

二進法は2で割る感じといったけど、

 

1÷2

これは0.5と学びました。

または1/2

 

0か1かの世界。

ロジカルな世界とも言える。

あーいえば●●。。。みたいな理屈っぽい人にもなっちゃう。

dsc_7204

神社

これは、言い換えると、
白か黒かで例えたら、
白を選択すると、黒は無くすという意味。

白と黒が目の前にあったとして、
白を選択すると、黒は無し。

 

でも、目の前に白と黒はあるのだけど、
黒はなしとする世界。

 

これがデジタル。

 

これって、この世を全て表していると言えるでしょうか?

心理学でいうと、
長所と短所が人には必ずあって、
短所を排除しようとすると、鬱になったり精神障害や
人間関係が悪くなったりするんですが、
それは、両方あるのに、自分のある部分を削除、見ないようにしていく、
それはつまり、自分の否定の始まりです。

 

否定がはじまると、人は劣等の気持ちを持ちます。

どんどん、自己の否定がはじまる。

 

私も病んだ時期がありましたが、理屈はこうやって理解したのだけど、
自分の否定とは、なかなか手放せないのです。

病んで求めたのは。。。”自然”でした。
つまり、神社です。

 

今思えば、それは、アナログを求めたってわけですよ。

否定していたところを肯定するための行動だった。

日本の神社は8000000の神様をお祀り。
誰が一番とは言っていません。

天照大神が一番と思われていますが、

頂点はない。

ただ、中心は存在するけど。。。と私はそう思ってる。

頂点はないとです。
神様の家系図みたいなのもあるけど、一番とかどっちが上下っていうより、
全部大事なの笑

まあ、一番初めの神様拝めば、全部全てと言える、とは言えるけど。

 

ともかく、これが自然の世界。アナログの世界。全部肯定的な世界。
と私は神社巡ってそう思うようになった。

 

量子コンピューターが開発がいまいち進まない理由は
デジタルの2元性が理由だそう。

AIも、記憶はするが、臨機応変ができない。

 

心理学や神社を学んで、デジタルの限界を知るとはw

 

で、じゃ〜神社ある日本で、なんでデジタル脳が多くなった?

それは戦後の教育から。
戦後の教育はまさにデジタル脳を作る教育だった。

いい悪いが常に存在する教育や社会。

おおらかでないってことですw
いちいちダメ出しの多い社会になった。
人を評価する社会にもなった。

評価って、実は上から目線だもんね。

いいね!👍

点数制。

 

 

一方、AIは怖くないとなんか、思っていた私ですが、
それより、問題は、AIが全能の神のように言われている事。

そっちがヤバいと思っている。

こりゃいかんなぁ〜とモヤモヤしていた。

 

 

 

なんか、どうなっちゃうのかな〜と思っていた時、
頭に雷が落ちるような話を見つけた⚡️

それは大和算

 

ネットの世界、コンピュータの世界に
新しい計算式が生まれたという情報をたまたま見た。

それは

1÷2=0.3と0.7

かもだし、

1÷2=0.1と0.9かも

という計算式。

りんごを2でわったら、0.5じゃないじゃん。
だって、2個になってるじゃん

半分ずつとはいえ、そう、パンでもなんでも
割ったら0.5と0.5にはならん😆
しかも、割り算の時、
仮に0.5になったとして、もう半分はどこにいった?

って言うことを言い出した人が現れた。

東大の先生、光吉先生が言い始めたこと。

 

 

鳥肌がたった😆

同時に、デジタルがヤバいかも!とさらに思い始めた。

デジタルに限らず、その計算で作ったもんは、
どうなんだ!と思うようになった😆😆😆

 

よくもまーこれで、人類はやってきたなとも、思った。

そして恐ろしさも感じたし。

 

さらに、その先生いわく、

日本語の言語に着目していた。

 

これにも鳥肌。

そう、日本語は次元がたくさん表せる言語。

そして、1音でとてつもないデータ量を感じることができる言語
(情景が浮かぶと言う意味で)

それでプログラムすればいいじゃん、という発想。

 

だーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

この計算式でパソコンを動かすとどうなるか?

それは、限りなく人に近い反応をするようになると、
先生は言う。

 

量子コンピューターの話が出始めてから、
結局アナログへ向かいつつあるんですよね。

デジタルが2元(分裂状態)なら、アナログは統合。

 

統合!

心が統合すると、
現象としては、個がはっきりくっきり✨

個性がでるはず。

 

心は統合なのに、現象は個に分裂🎶
面白いとおもいませんか!?

 

るんるんしちゃう💕

 

 

 

これからは、アナログだ!と思うんだけど、
でもね、それは、じゃ〜レコードに戻ると言うわけではないと思う。

音楽でいえば、

今のパソコンでアナログの録音ができる感じになるとか。

でも、それ、レコードでいいじゃんと言うことにならんのか。

なるのかw

 

ついでにいうと、
レコードとか、カメラのフィルム。
昔のね、あれは、今のパソコンでは無理なほどのデータ量なんです。

アナログは、すごいデータ量なんですよ。

 

そして、ついでのついでに言うと
人間が1秒間に得る情報量は4000億ビットだそう。。。

肌感覚、視覚、聴覚、その他直感のようなもの含めてだろうけど、
人はすごいCPUとメモリーを持っているし、
ハードも莫大な量を持ってると言える。

 

確かに、パソコンのようには、文字やらは覚えられないとしても、
感覚というデータはそれはそれは莫大な記憶なんだよね。

 

さて、この感覚を得るのに、
オンラインで授業とか、子供にさせて良いもんだろうか。

オンラインで見たことを
知ってると言えるだろうか。

んー量子の世界を理解するには、オンラインでもいいのかな?
以心伝心を体験するのには。。。

量子の世界は見えない世界の話だよ。

知りたい人は「シュレーディンガーの猫」の話でも検索してみてください。

たぶん、意味わからんし、私は不気味な話だとも思いましたから😆

わからんでも、ちょっと読むって、いいと思う。

 

 

だけど、仮に、新しい計算式のコンピュータが誕生したら、
その辺のことが解決するのかなぁ?

 

ワープしちゃう?ひょっとして😆

全くどんな風なもんになるのか、想像はつかないけど、
私はこの話を聞いて、なんだか、いつも悶々としていたことが
解決したような気になった😆

 

他力本願で、超楽観ですが、
早く世の中に現れるといいな🤣

見たいw

 

私が生きている間に見れるのか。
そして、これは世の中に現れるのかも、問題だ!

 

ちなみに、先生いわく、

日本語を外国人が話せたとしても、大和の精神がないと
この計算式は理解できない。
そうです。

 

わびさびとか、間合いとか、
または禅などで言われる、無の境地とか
それがわからないとプログラムが理解できないそう。

 

それを理解できる日本人も、今少ないと思いますがw

私も、わびさび、理解できるよう、
勉強続けようと思う今日この頃です💦。

 

だから、もしこの話楽しいと思ってくれる人がいたら、
リアルな体感、体験をしておくと、いい。

と思う。

それも、いっぱい😆

 

 

ポイントは考えず、感じる事。

感じる事。

Feel

どんな雰囲気か、言葉にしなくていいから、
感じとる力を養うといいと思ってる。

思考的に考えるってのは、デジタル脳です。

 

感じる、感情、感覚がたぶんキーやと思う。

さぁ、さっそくだけど、下の写真みて、感じてみよう😆

この話をお釈迦様または空海さんが聞いたらどう思うだろう。

 

😁

こんな顔でニヤニヤしているに違いない。

 

でもね、
よくこんな人いると思うんよ。。。

デジタルなんかつまらん、アナログよ、リアルよ、やっぱ。

その通り。

でも、デジタルも理解すると、より、面白いと。。私はそう思うよ。

だって、次はアナログとデジタルのコラボなんじゃないかと思うから。

そうか、デジタルとアナログでさえも統合なのかも!?

 

最後、
大和算で計算すると、

神は存在する

ことになるそうです✨

つまり、なんというか、この世の根源があるって感じ。

 

神様はエネルギーです。
私はそう感じているのですが。。。

 

そういう不思議な事とか、
この世の真理が理論として証明される。

それがもし、証明されてくると、
超能力が当たり前になってくるかな?😆

 

いろんな想像がいっぱい広がる。
猫型ロボットもできちゃうかも。

 

ドラえもんは量子の世界な気がするもん。

 

 

あ。。。。

私は答えは知りませんよw
そう思った事だけ、書いてますw。

30年後が楽しみです。

それまで、心身ともに健康で生きていこうと思います!

興奮してもっと目が覚めてる。
どうしよう😆

 

おやすみなさい。