Site Overlay

みかんの神様🍊お菓子の神様🍫心の浄化、ヒーリング、健康、そしてスイーツ🍡🍪🍫🍬

こんにちは✨Chiyoです❤️

今日はみかんの神様🍊
田道間守
(たじまもりのみこと/たぢまもりのみこと)
についてお話しです。

田道間守尊はどんな神様か。
多遅摩毛理とも書かれます。

あの、日本の漢字ってね、
当て字なことがおおくて、
実は、日本語は「音」が大事です☝️

なので、神様の名前も、漢字が違う事が
多かったりして、意外と同じ神様って事があります。

でも、みかんの神様は
田道間守尊が王道かなぁ。

どんなお上様か。
(わざとお上様というよ☝️)

Wikipediaより
垂仁天皇90年2月1日に田道間守は天皇の命により「非時香菓(ときじくのかくのみ)」[3]すなわちタチバナ(橘)を求めに常世の国に派遣された。しかし垂仁天皇99年7月1日[4]に天皇は崩御する。翌年(景行天皇元年)3月12日、田道間守は非時香菓8竿8縵(やほこやかげ:竿・縵は助数詞で、葉をとった8枝・葉のついた8枝の意味[5])を持って常世国から帰ってきたが、天皇がすでに崩御したことを聞き、嘆き悲しんで天皇の陵で自殺したという[6]

Wikipediaに最後、自殺と書いてあったけど、
ちょっとこの表現よくないね💦
せめて自害といっておきたい。

私はこのお話しをきいて、
ショックで死んだというより、
絶対的な忠誠心で、
一緒にあの世でも付いて回りますっ
てことだったんだじゃないかと。
私はそう思うんだけど。

天皇のために、橘、つまり🍊を探し回った。
必死に。

その橘の木のみかんは、ちっさいんだけど、
俗にいう、お正月のお飾りの
葉みかんだよ🍊

昔の日本で、菓子は果子と書き、すなわちこれは橘の事
(みかんのこと)だった。

たしかに柑橘って
デザートになるよね。

あの、森永の創業者も、
田道間守尊の神社、
佐賀の伊万里神社の中嶋神社に玉垣やら
さまざま奉納してる。

さすが、お菓子の企業🍫

なんと立派な森永さんの銅像も
伊万里神社内にありますよ☝️

伊万里神社
 〒848-0027 佐賀県伊万里市立花町83

中嶋神社の総本社はどうも、
兵庫県にあるようなのですが、
(〒668-0823兵庫県豊岡市三宅1)

伊万里の中嶋神社は
田道間守尊が橘を持って帰ってきた土地と
確か由緒にそうかいてあったはず☝️

だからか、
中嶋神社には必ず社殿の横に
橘の木があるよ🍊

時期によって、みかんがなってる🍊

佐賀、伊万里神社の中にも中嶋神社あります。

あとは、太宰府天満宮の中の末社にも
中嶋神社があります。
どおりで、梅ヶ枝もちが大繁盛なはずだよね😂

お菓子の神様。。。
ご利益どうなの?と思うかもだけど

お菓子のようにうっとり
笑顔になるエネルギー
くれるよ❣️

優しく、甘く、しあわせ〜な
エネルギー✨

なので、疲れたな〜
最近元気ないな〜
リラックスしたいな〜って人は
絶対パワーもらえる神様ですよー。

お菓子もそんな時食べたくなるよね。

パクっとたべたら、
はーーーって疲れがとれるなーって気持ちになる(๑´∀`)

ヒーリングの神様だとも思ってる🍊

お菓子食べる時に、
田道間守尊 たじまもりのみことさま
作ってくれた人たち、材料を運んでくれた人たち
その他関連した人たち

ありがとう✨

というと
お菓子でなんか、いいことあるかもしれないなー🍊

ちなみに、中嶋神社の本社はどこかは
ちょっとわからないけど、
兵庫や京都にもあるし、

お菓子のメーカーが神社を建てたりで
全国にいっぱいあるみたい。

お菓子作りの人たちは
当たり前に知ってる神様かも?

今日は🍊の神様
紹介でしたー✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。